banner

イソフラボンで改善

私たちの生活を支えているのは「食べ物」です。
食べ物から栄養を摂取して、身体を動かすエネルギーに変換しています。
しかし、この食べ物が時として身体に悪影響を及ぼすことがあります。
本来は体の味方であるはずの食べ物がなぜ、
私たちの身体に悪影響を及ぼすのでしょうか?

それには、食の欧米化が大きな背景として挙げられます。
食の欧米化というのは、日本人の本来の食生活が徐々に肉中心の食事にシフトしてしまっているということを指しており、結果として、様々な弊害が生まれていることで問題視されています。

一説によれば、日本人の肉・卵・牛乳などの動物性の食べ物の消費量は戦後まもなくの頃の50年前と比較して明らかに上昇しており、数値になおすと約10倍もの消費量になっていると言われています。

この食の欧米化による弊害の代表例としては生活習慣病があります。
肉などの食べ物を過剰に摂取することによって、
血中のコレステロール値や中性脂肪値が上昇してしまうのです。

結果として、血液の粘度があがりドロドロ血液になってしまいます。

ドロドロ血液は血の巡りを悪くしてしまうので、メタボリックシンドロームや高血圧、動脈硬化などの生活習慣病の原因になります。

血行の滞りが引き起こす悪影響はそれだけではありません。
なんと髪の毛が抜けたり薄毛の原因になってしまうということでも知られています。

その為、育毛においては血行を促進することが大きなテーマになっていて、育毛剤や育毛シャンプーの使用でも、それを目的とするケースが多いようです。

髪の毛が抜ける大きな原因が、この血行不振ですが、それ以外にも薄毛には原因があると言われています。

その最大の要因が「男性ホルモン」です。
男性ホルモンは本来は男性的な性徴を生み出す働きがありますが、
同時に頭部の毛が薄くなるという性質も持っているのです。

特に、テストステロンという物質が変形して生み出されるジヒドロステインという物質は髪の毛に大きな悪影響を与えることで知られています。

その為、育毛のもう一つのテーマとして挙げられるのが、
男性ホルモンの過剰分泌を抑えるということなのです。

どうやって男性ホルモンを抑える?

しかし、ひとくちに男性ホルモンの過剰分泌を抑えるといっても、それは非常に難しいことのように思えます。

実際に、その方法は非常に限られたものであり、
育毛に取り組む場合はサプリメントや育毛剤に頼ることが殆どです。

もちろん、男性ホルモンを抑えたいというのが目的であれば、
それに即した製品を使用する必要があるということを意識しましょう。

例えば、男性ホルモンを抑えることが出来る製品として有名なのは、
BUBKAという育毛剤です。

また、サプリメントに関してもしっかりと選ぶ必要があるので注意しましょう。男性ホルモンを抑える効果があるということで知られているのは、
イソフラボンのサプリです。

イソフラボンとは?

イソフラボンは近年になって非常に大きな注目を集めている健康成分です。

その最大の特徴として挙げられるのがエストロゲン様作用で、
簡単に言ってしまえば女性ホルモンと同じ作用を持っている物質を含みます。

そのため、男性ホルモンの分泌そのものを抑えることはできないものの、
ホルモンバランスをしっかりと整えることによって、
男性ホルモンによる抜け毛を防ぐことが出来るのです。

イソフラボンを含む食品として有名なのは大豆です。
その為、大豆イソフラボンという名称も登場しているほど。

もちろん、大豆以外にもイソフラボンを含んでいる食品はあります。

代表的な例としては、中央アジア原産のムラサキウマゴヤシやムラサキツメクサなどが挙げられるのですが、これらはほとんどが豆科の植物です。

とはいえ、食事から摂取するのであればもっとも簡単なのは大豆でしょう。
私たち日本人は大豆とは切っても切れない密接な関係を持っています。

醤油やきな粉、豆腐や豆乳などのダイズ加工食品にも
しっかりとイソフラボンは配合されているので、
生活のなかで無理なく摂取可能です。

とはいえ、食品からの摂取ではやはり無理があります。
一日だけ摂取すれば効果があらわれるというものではなく、
ある程度の継続的な摂取が必要不可欠となるからです。

効能を感じるまでには十分な量を毎日摂る事が大切ですが、
この十分な量を食事から摂取するとなると、大変な量のダイズを食べなければいけなくなってしまいます。

そのため、イソフラボンのサプリメントが役に立つのです。

もちろん、イソフラボンは育毛に効くだけではありません。
強力な抗酸化作用を持っているということから、
生活習慣病の予防をはじめ、ガン予防などにも大きな効果があらわれます。

女性にも高い支持を集めていますが、これは摂取によって、
更年期障害や乳がんなどの女性特有の疾患を予防することが出来るということが大きな背景となっているようです。

もちろん過剰摂取は体に負担を与えることになるのでやめましょう。
育毛剤と育毛シャンプーと上手に組み合わせることによって、
効果が最大になるということも忘れずに!

Copyright(c) 2013 Hair Growth Shampoo Labo. All Rights Reserved.