banner

石鹸系シャンプーとは?

近年、男性だけではなく女性にも抜け毛に悩む人が増えています。
そんな背景からさまざまな育毛アイテムや抜け毛対策アイテムが登場しています。
その代表例として育毛シャンプーが挙げられるでしょう。

発毛のメカニズムから考えれば、このアイテムは非常に合理的で有用性が高いといえます。
そんな背景から、多くの人々からの支持を得ているのです。
男女兼用の育毛シャンプー についての詳しい解説は、是非このサイトをご覧ください。

もちろん、ひとくちに育毛用のシャンプーといっても幾つかの種類があります。
成分などによって効果の出方に違いが生じることもあるでしょう。
そして、意外に有用性を知られていないタイプのひとつに石鹸系シャンプーがあげられます。

これは読んで字のごとく、石鹸を使ったシャンプーです。
化学物質が殆ど使われていないことから、安全性が高く髪の毛への負担も少ないのが特徴です。
上手につかう事が出来れば、育毛に対しても高い効果を発揮するでしょう。

ここでは、石鹸系シャンプーの詳細について解説しています。

メリット・デメリット

メリットとして挙げられるのは先述したような「髪の毛への負担の少なさ」です。
アミノ酸シャンプーにも期待されている必要以上の脂分を取り除かないという点も満たしており、
洗ったあとに髪の毛がべたべたすることもありません。

また、髪の毛への負担はノンケミカルの石鹸を使うことで更に抑えることが出来ます。
これは原料のすべてが天然成分から出来ているもので、
髪の毛を労わるという部分では非常に高い評価を受けています。

さらに、もう一点メリットを挙げるとすれば「安価な料金」もポイントです。
上記のノンケミカル石鹸でも普通の固形石鹸と大した価格帯の差はありません。
そのため、低コストで薄毛対策を始めたいという人にはピッタリかもしれません。

デメリットとしては手間が挙げられるでしょう。
後述するクエン酸リンスは、やはりちょっとした手間になってしまいます。

さらに同様の側面に関する点ですが、クエン酸リンスを上手に使えていないと逆効果になります。
逆に髪の毛が汚れてしまうので十分に注意が必要です。

クエン酸リンス

石鹸系シャンプーを使ううえで、必ず使用したいのがクエン酸リンスです。
市販されているものもありますし、粉末のクエン酸を購入すれば、自作することも可能です。

石鹸シャンプーを使った後に残ってしまう「石鹸カス」という物質を取り除くことが目的です。
これが残ったままだと、逆に髪の毛が汚れてしまうことになります。
たまたま石鹸で髪の毛を洗ったことがあるという人なら分かるかもしれませんが、
シャンプー後のギシギシとした感触は石鹸カスによるものなのです。
それをクエン酸で溶かすのが目的です。(クエン酸は髪の毛・頭皮にも負担はかかりません。)

この作業を怠らずに、また丁寧に行うことが出来るのであれば、
石鹸系シャンプーは非常に有用性の高いツールになります。

Copyright(c) 2013 Hair Growth Shampoo Labo. All Rights Reserved.