banner

育毛シャンプーと育毛サプリメント

髪の毛が抜ける原因は大きくわけて下記の二つがあると考えられています。

・「男性ホルモン」
テストステロンという男性ホルモンが過剰に発生して、髪の毛の発毛サイクルが乱れます。
これは上記の物質がジヒドロ・テストステロンという成分を分泌していることが大きな要因です。

これによって、髪の毛が生えている毛母細胞という部位に負担がかかり、
薄毛などの症状が引き起こされるのです。

・「頭皮の状態が悪い」
上記の毛母細胞という細胞の調子が悪ければ、当然のことながら発毛が上手くいきません。
調子が悪いというのは、細胞に十分な酸素や栄養がいきわたっておらず、
エネルギーを生み出したり、十分な働きを果たせないという事です。

酸素と栄養を届けるのは血液の役目ですから、つまり血液が十分に頭皮に巡っていない、
という状態を避けることができれば抜け毛改善をのぞむことが出来ます。

この後者の原因に日所に有効に効くのが育毛シャンプーなのです。

働きかける

「頭皮の状態が悪い」という点に対しては、様々な角度から改善策を提案することが出来ます。
育毛シャンプーに含まれている成分が頭皮の血行を改善していくのです。

また、人間の身体は脂分をまるっきり取り除いてしまうと、
余計に脂分を分泌してしまう
という特徴を持っていますが、育毛シャンプーはこれを防ぐことが出来ます。
必要な分の脂分を取り除くことのない髪と頭皮にやさしい作りだからです。
逆に、従来のシャンプーは「高級アルコール系」といいますが、
これの場合は必要な分の脂分も残らず洗い流してしまいます。

一見したところでは、髪の毛がさっぱりしたような気がしますが実は間違いなのです。
余計な脂分が出てしまうと、髪の毛がギトギトと脂っぽくなってしまいます。
さらに、皮脂も過剰分泌されてしまって毛穴に詰まってしまいます。
細かい説明は不要かもしれませんが、これでは物理的に髪の毛が生えてきません。

このように様々な点で頭皮の環境を守ることができるのが魅力なのです。

男性ホルモンは?

男性ホルモンの方に原因はどのように対処すればいいのでしょうか?
これに対しては育毛用のシャンプーでも対応していません。
そのため、健康食品やサプリメントなどとの併用が理想的だといえます。

合理的な対処方法としては、ホルモンバランスを整えるという方法が挙げられます。
女性ホルモンと似たような働きをする「エストロゲン様効果」を持っている成分がオススメで、
イソフラボンやローヤルゼリーの特有成分であるデセン酸などが代表的な例です。

過剰摂取に気をつけながら、上手に活用することができれば理想的です。

Copyright(c) 2013 Hair Growth Shampoo Labo. All Rights Reserved.