banner

生活習慣との関係

私たちの生活は今、非常に乱れている状態にあると言っても過言ではありません。
しばしば話題にのぼるのは【食の欧米化】です。
これは、野菜が不足してしまい肉が過剰に摂取されている現状を表現しています。

では、なぜ肉中心の栄養バランスが身体に悪いと言われているのでしょうか?
もちろん肉も重要な栄養源のひとつですから、摂取しなければいけない食材のひとつです。
しかし、何事もやりすぎはいけません。
結論からいえば、ドロドロ血液になってしまったり栄養バランスが乱れて肥満の原因になります。

ドロドロ血液の問題点は、血中のコレステロールを背景としています。
中性脂肪値も高まってしまうため、単純に血中の脂肪分の割合が高くなってしまうのです。
この状況は非常に健康に悪影響をおよぼします。
高血圧やメタボリックシンドローム、糖尿病などの生活習慣病の多くは、これが原因です。

そして、意外なことに髪の毛にも悪影響を及ぼすのです。
一体どんな状態が引き起こされてしまうのでしょうか?

生活習慣の引き起こす悪影響

最大の悪影響として挙げられるのが髪の毛の発毛を邪魔するという事です。
結果的に薄毛や抜け毛の原因にもなってしまいます。

そもそも脱毛は大きくわけて二つの原因から引き起こされます。
ひとつは男性ホルモンの影響です。
そして、もうひとつが「頭皮環境」なのです。

ドロドロ血液はサラサラ血液に比べて圧倒的に血流が悪くなります。
末端の毛細血管では血が滞ってしまって、血流がうまくいかないという事にもなりかねません。
血液は身体中の細胞に酸素や栄養を運んでいます。

頭皮の髪の毛を生やす役割を担っている「毛母細胞」についても同様のことがいえるでしょう。
この細胞に血液が行き渡らなければ、本来の働きである髪の毛をはやすという機能も低下します。
これが生活習慣の生み出す薄毛への悪影響なのです。

運動・健康食品も検討

つまり、生活習慣を改善してドロドロ血液を解消できれば髪の毛にも大きな効果が得られます。
ではドロドロ血液を解消するためには、いったい何が必要なのでしょうか?

それは食事の栄養バランスと適度な運動です。

なかなか運動が出来ないという人や苦手という人もいるかもしれませんが、
ここをしっかりと行わないと、なかなか改善は難しいでしょう。
無理はしなくても大丈夫なので、適度に運動を心がけると育毛シャンプーの効果もアップします。

食事バランスにおいては、やはり生野菜の摂取は必要でしょう。
しかし、なかなか生活のなかでは野菜は摂取できないものです。
そこで、健康食品やサプリメントを利用するという手もあります。
コレステロール値を下げて血流を良くする作用を持つ食品・成分は少なくありません。
上手に活用したいところです。

Copyright(c) 2013 Hair Growth Shampoo Labo. All Rights Reserved.