banner

育毛は市販のサプリメント、育毛剤でも可能です

我が家には両親、そして祖父母、親戚と薄毛の人がいなく、僕も髪の毛の量は多い方だったので薄毛は自分とはまったく無関係のものなのだと考えていました。
けれど三十代半ば辺りからつむじ辺りから薄毛になってしまいました。
妻に指摘され、そのつむじ周りを初めて見たときは本当にショックでした。
まさか自分が薄毛になるとはまったく思っていなかったので、これからどうすればいいのか、このまま薄毛が進行してしまうのかと本当に不安になりました。
けれどなにも対策をしないければこのまま薄毛になってしまうと思った僕はインターネットで薄毛に関する情報を調べました。
するとつむじ周りの薄毛はストレスや心因性のものや血行不良からではなく、男性ホルモン、そして生活習慣によるものだということがわかりました。
そこで僕は薄毛の改善、育毛のためにとインターネットで調べた情報を頼りに、髪の毛に良いという亜鉛のサプリメントの摂取、毎日の運動、十分な睡眠、バランスの取れた食事、そして人気のある育毛剤を使用することにしました。
薄毛にはなりたくない、とその強い思いがあったので、毎日朝晩のランニングも苦にならず、育毛剤の使用の方も丁寧に念入りに行いました。
妻の方も協力してくれて食事はこれまで肉がメインでしたが、栄養バランスの良い魚や野菜を中心としたメニューを毎日作ってくれました。
その成果もあってか、薄毛の改善に取り組んでから三ヶ月ほどで、つむじ周りの薄毛が目立たなくなってきました。
生え際の薄毛に比べると頭頂部の薄毛は改善しやすいということもあったのでしょうが、努力をすればするほど、そして念入りに手入れを行えば行うほどに薄毛は目立たなくなり、毎日のその努力自体が楽しみの一つとまでなりました。
そしてその薄毛改善を始めてから今日で半年経つのですが、つむじ周りはもうほとんど薄毛が気にならないといった程度まで回復しました。
何事も早めにことを行うのが良いといいますが、僕の場合も薄毛が気になったそのときからすぐに改善に取り組んだのが幸いしたのだと思います。
また今では育毛に効果のあるサプリメントもたくさんありますし、育毛剤の方も効果が期待できる高品質なものが多く販売されています。
こういった薄毛対策、改善になる商品を利用し、早めに対策を打つことで薄毛の改善は可能なのだと実際に改善が出来ている僕はそう思っています。
これからも今後のためにも薄毛を抑制するための努力を欠かさず続けていこうと思っています。

Copyright(c) 2013 Hair Growth Shampoo Labo. All Rights Reserved.