banner

間違った育毛は百害あって一利なし

髪が薄いことに気がついた時に行なった育毛の方法は、今から思えば決して正しいとはいえませんでした。
高価な育毛剤を購入してただ頭に振りかけていたのです。
多少のマッサージは行いましたが、それ以外に何もしなかったのです。
とうぜんの様に、何の効果も現れませんでした。
薄毛の進行が少し遅くなったかな、という感じはしたのですが、思ったほどの効果が得られず、育毛剤が無くなると同時に、ヘアケアは何も行わないようになってしまったのです。
とうぜんながら髪が元に戻る事はありませんでした。
髪が元に戻ったのは、当時髪を切ってもらっていた美容師の一言がきっかけでした。
彼女が言うには頭皮の状態を正しい状態に戻すのが先決だと言うのです。
いわれたとおりに、シャンプーを変え、毎日頭皮のマッサージを欠かさないようにしてから数ヶ月後、効果が現れたのです。
最初に気がついたのは産毛の存在でした。
シャンプーが効果的であったのか、マッサージが効果的であったのかは今も分かりません。
しかしながら、産毛が生えてくることにより、頭皮が目立たなくなったことは確かです。
元々生えていた毛はまだまだ昔のように太い毛に戻ったわけではありませんでしたが、産毛が生えてきたということは少なくとも頭皮の状態が改善されたのだと思って良いのでしょう。
こうなると俄然、ヘアケアにやる気が出てくるのです。
やはり何らかの効果が現れるとモチベーションが高まります。
今度は生えてきた産毛を長く、太く育てなければなりません。
美容師に言われたようにここで初めて育毛剤を使用することにしたのです。
シャンプーを変えてから三ヶ月ほど経過していました。
しかし今度は、育毛剤の効果が期待したほど現れないのです。
しかしながらここで焦りは禁物と、薬剤をあきらめずに使い始めて半年ほど経過したころでした。
明らかに髪の状態が変わってきたのです。
まず髪にコシが出てきたのです。
髪にコシが出るとボリューム感が生まれるため、薄毛である事がわからなくなります。
そして徐々に産毛が育ち始めたのです。
薄毛克服にかかった期間は、1年半ほどでしょうか。
今思えば本当にあきらめなくて良かったと思います。
信じるものは救われるのです。

Copyright(c) 2013 Hair Growth Shampoo Labo. All Rights Reserved.