banner

20代から気になって育毛・発毛に励んでいます

はじめまして。
現在35歳の男性です。
私の育毛・発毛の体験談を紹介します。
実は、大学生の頃から、髪の毛の事で悩んでいました。
私の父親は、髪が薄いので、自分も遺伝的にいずれはげるだろうと覚悟してました。
でも、まさか、20代からそんな心配をしなければならないなんで考えてはいませんでした。
きっかけは、サークルで、合宿に行った時でした。
季節は、夏でした。
酒を飲み、風呂も入らずに寝てしまいました。
翌日起きると、髪が若干ギトギトしていましたが、これまでにもそういうことはあったので、特に気にしませんでした。
しかし、仲間の一人が私の頭頂部を見て、あれっと言い、髪が薄いことを教えてくれました。
もうその時はショックでした。
それからというもの、シャンプーのときにはよく汚れを落とすように心がけました。
でも、問題は、私自身の生活リズムだったのかもしれません。
当時は、ファミリーレストランの深夜のアルバイトをしていて、午後10時~翌朝6時までのシフトを週2~3日していました。
寝ずにそのまま講義を聞きに行くということもよくありました。
また煙草も吸っていましたし、お酒もよく飲んでいました。
そのような生活習慣が一層薄毛を早めてしまったのだろうと今となって思うのです。
就職してから付き合った彼女に薄毛の事を相談したこともあります。
低刺激のシャンプーがあることを教えてもらい、それを使うようにしました。
シャンプーのときには、よく頭皮をマッサージするようにしました。
また、これまでほとんど意識していなかったのですが、すすぎがとっても大切だということも彼女から教えてもらい、シャンプーやリンスの成分が毛穴に残らないようにすすぎも念入りに行うようにしました。
結婚してからは、子どもができたということもあって煙草もやめました。
髪に良さそうでできることは、いろいろとやりました。
育毛剤などもいくつか試しました。
髪の専門家である美容師さんにも相談したことがあります。
やはり、マッサージとシャンプーが重要だと言っていました。
今は、シャンプーのすすぎのときに、冷水と温水で交互にすすいでいます。
現在通っている美容院の美容師さんから、頭皮が健康そうですが何かしているのですかと聞かれ、自信が付いてきました。
薄毛には変わりないのですが、何とか進行を遅れさせることができているようです。

Copyright(c) 2013 Hair Growth Shampoo Labo. All Rights Reserved.