banner

育毛シャンプーの効果が現れて体験

30代の後半ごろからなんとなく髪が細くなってきたような気がしていましたが、洗髪時にドライヤーで髪を乾かす時にそのような感じを持つだけでそれ程、気にはしていませんでした。
20代のころから茶髪にしていて、髪にはよくないと思いながらついつい格好を気にしてしまい、続けていました。
30代後半になり、散髪時に理容師から少し毛が細くなってきたから染めるのをやめて、髪に良いカラートリートメントにしたらどうかの話がありました。
しばらくして、原因不明の円形脱毛症が出来、皮膚科に通い薬をもらい、徐々にそれは解消したのですが、再び生えてきた髪は元の髪質と変わってきました。
全体に少なくなった感じがし、気にしていると、付き合っている彼女から、最近、タレントが宣伝している育毛剤やヘアケア関連の商品を試してみては、と言われました。
育毛剤の宣伝では自分の視点から見れば、わりとハンサムな髪の毛の多い剛毛なタレントの起用が多く、実際には予防効果が高いだけで、発毛や育毛の効果が低いように感じていました。
しかし、育毛シャンプーの宣伝では、髪の少ない芸人が実際の効果が感じられたと言うことで紹介されているため、半信半疑ではありながら試してみることにしました。
育毛シャンプーの効果は毛穴に詰まった余計な脂をきれいに落として、育毛剤の浸透を良くし、血行促進や育毛剤から多くの栄養を吸収して髪を丈夫に再生させるという説明がされていました。
1ヶ月後に変化はそれ程なく、とりあえず続けて使用すると、2ヶ月目でもそれほど変化が感じられず、やっぱりかと思っていました。
それから、専門書籍やネットで徹底的に髪の生えるメカニズムやサイクルと抜け毛の原因などあらゆる情報を集め、自分なりに考えてみると、育毛シャンプーのみに期待することが大きすぎたように感じ、食生活や運動などと正しい洗髪方法や育毛剤との添付とを良く考えて使用しました。
生活習慣の見直しを実施し、髪に適度な脂分を残し、水分バランスなどのコントロールを図り、正しいヘアケアの方法で1年ぐらい続けた現在では、気になっていた部分の髪に腰が出てきて、彼女からも髪が増えた感じがすると言われて少し安心しました。

Copyright(c) 2013 Hair Growth Shampoo Labo. All Rights Reserved.