banner

乾燥肌向けの育毛シャンプーで頭皮環境を改善

30代前半の男性です。
私も育毛シャンプーを愛用しています。
きっかけはふとしたことでした。
ある日歯磨きをしながら鏡を覗きこんだ瞬間、鏡面に映った自分が妙に老けているように感じました。
髭もちゃんと手入れしてるし二日酔いでも寝不足でも何でもないのに、何だかスッキリせず野暮ったいのです。
シャワーを浴びた後ということもあって、心なしか頭頂部のボリュームが足りずのっぺりとしているような……気づけばまだ20代半ばだというのに白髪が1本2本と混じり始め、目に見えて毛髪に元気がなくなっていたのでした。
男性の薄毛に関しては諸説ありますが男性ホルモンやストレスが大きな原因になっていることが多いそうです。
私も例に漏れず仕事で忙しい日々を過ごしており、食事を抜いたり睡眠時間を極端に削って取引先の担当者と海外を飛び回るなど体を休める間もなく働きづめになることが日常茶飯事でした。
こんな日々を数か月も続けると、だんだん心身ともにバランスが保てなくなってきます。
新人のうちは何とか若さでカバーしていましたが、数年経てとうとう体が耐えられなくなったのか真っ先に異常が現れたのが頭髪でした。
私の場合、外で人に会う仕事をしているせいもあり白髪や薄毛は非常に気になります。
そこで自分に合った育毛対策を考えるようになりました。
まずインターネットで情報収集をしたところ、体調だけでなく洗髪の仕方にも良い悪いがあり、頭皮の洗い方次第では抜け毛が増えてしまうことを知りました。
そこから育毛シャンプーへと興味が広がり、現在は幾つか製品を試した後にお気に入りのシャンプーに落ち着いています。
私の場合はどうも乾燥肌のようで、巷でよく見かける脂性肌向けの製品は合わないようです。
色んな人の口コミを参考にしながら乾燥肌向けのシャンプーを取り寄せて使用したところ、ちょうど良い加減で汚れを落とせるようになり、頭皮環境の改善に大いに役立ちました。
今はその育毛シャンプーを使用する傍ら、公私ともに生活習慣にも気を配っています。
そのせいか心なしか全体的に毛髪が元気になったように感じますし、白髪はほとんど見当たりません。
いつか育毛シャンプーが不要になる日が来るとしても、当分は使い続けようと思っています。
あの洗いあがりのスッキリ感は一度ハマったら手放せません。

Copyright(c) 2013 Hair Growth Shampoo Labo. All Rights Reserved.